So-net無料ブログ作成

初めての入院。 [日本:ベビー]


1月の3連休、ベルギー時代の友人たちに会うために名古屋に行くことに。
住んでる所からだと230キロ弱。車で4時間弱、という距離。
ねぇね独りだけのときは自分だけで運転して行けたけど、どうにも車嫌いらしいチビ太が産まれてからは長距離を運転するのが苦でしょうがない。(運転中にギャン泣きされるとやっぱり辛い・・・)
 
ということで、ダンナちゃんが3連休の時に決行することに。 
 
1日目は、アパートの階下に住んでいたご夫婦のところに。
2日目は、ママ友たちとの会合
と2日にわたって予定を組んで、いざ出発! 
 
無事1日目の予定を消化してホテルに戻ると、チビ太の頭が・・・。
熱い。
取りあえず寝かせて様子を診ようということになったが、ぐんぐんと上がっていく熱に比例して呼吸がえらい苦しそう。
午前2時になって、39度越えしていることもあり、電話して病院へ。救急車ってほどでもないので、自分で運転して行った。
レントゲンを撮ったり血液検査したりして、午前5時に終了。
原因は不明。
熱が下がっているわけでもないので、2日目の予定はキャンセルして長野に帰ることにした。
往復4時間かけてお好み焼きを食べに行った旅行でした(笑。
 
 
無事家に帰って、#8000に電話したり、休日診療の病院に電話で相談したりで、ふたたび様子を診ることに。
(電話での相談の時点では、「熱が高いだけでゴキゲンが悪いようでなければ様子を診ては」とのアドバイス)
が、明らかに呼吸がおかしくなってくる。
急いで休日診療の病院に行くが、1軒の小児科で休日診療を受け持っているためかかなり混んでいる。
待合室は、ノロとかロタだろう子どもやインフルっぽい子どもで溢れていた。
チビ太は相変わらず呼吸がおかしく、看護師さんに言ってみるも順番を待つようにとのこと。
呼吸が浅くて苦しそうなので、泣きそうな私。こんな小さいのに死んじゃったりしたらどうしよう、旅行に連れて行ったのが悪かったんだ、どこでもらってきたんだろう、といろんなことをぐるぐる考えてた。
 
ようやく順番が回ってきて、先生とお話。聴診器をあてた瞬間に
「入院したほうがいいです。いますぐ」
とのお言葉。
 
えーーーーー。そんなに悪かったのー!!!と、私、頭が真っ白。ほぼ涙目。
 
救急車が呼ばれ、あれよあれよという間に病院に運ばれて入院の運びとなりました。
診察してくださった先生が救急車に付き添いしてくれて(もう一人先生がいらしたらしい)、ありがたいやら心配やら。
救急車の中で聞いたところ、入院の判断のポイントは「呼吸」だそうで。
乳児・小児の高熱・嘔吐はそんなに珍しいことではないけれど、呼吸が明らかにおかしい(異音がする、ひゅーひゅーと鳴る、など)場合は、急性喉頭炎の疑いがあり、最悪の場合呼吸困難に陥って死に至ることもあるんだとか。
 
1日に2回も救急に連れて行かれて、レントゲン・血液検査を2回もやったチビには本当にかわいそうなことをしてしまった・・・。
 
 
1泊で退院できるかな、と思っていた楽観的な私の目論見はあっさり外れ、3泊4日(ホントはもう1泊しろって言われたんだけど、ねぇねが発熱してどうしようもなくなったので退院)の入院となりました。
小さい子の風邪は甘く見ちゃいかん、と痛感。
発熱からの悪化の速度がものすごい早くて、「経過観察」とのんきに考えていた自分を殴り倒してしてやりたい気分です。 
 
 
入院中は、子ども用のベッドにチビ太と一緒に寝なきゃいけなかったり、大雪で外に出られない中食堂がお休みでひもじい想いをしたりとか、結構肉体的にも精神的にも辛かったですが、授乳中かつ母乳のみの状態で、私以外に付き添える人がいなかったのもあり、気合と家族の支えで何とか乗り切れました。

 
ねぇねは小さい頃からあちこち連れまわして(5ヵ月の時にはすでに3カ国くらい旅してた)いたので、甘く見てました。
乳児連れで無理しちゃいかん。絶対。
 
 
で、その後もねぇねの発熱が続いており、昨年末から続いている体調不良の嵐、まだまだ暴れまくっています・・・。
早く日常生活に戻りたい・・・。
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。