So-net無料ブログ作成

東野圭吾『歪笑小説』 [ヨミモノとか]

 
 
文庫の新刊が出ていたので買ってみました。「歪笑小説」。「わいしょうしょうせつ」と読むらしい。
 
 
歪笑小説 (集英社文庫)
 
 
作家と出版社を巡るあれこれいろいろを描いた短編小説集。
本ってこうやって作られているんだなあと舞台裏をのぞいた気分で素直に感心してしまいました。
 
ブラックユーモア的におかしく書かれているけど、本を買わない読者が増えているとか、若手の作家を育てる余裕が出版社にないとか、巻末には「東野圭吾は自炊代行業者を認めません」という文言が明記されていたり、現在の出版業界のリアルな問題が描かれていて、本好きとしてはちょっとやるせない気分。
 
デジタル化によっていままで活字離れしていた読者層が本を読む機会が増えるというメリットの影にあるデメリットも今後の大きな課題と思われます。
 
 
最後の書き下ろしの広告部分で笑わせていただきました。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。