So-net無料ブログ作成

雫井 脩介『クローズド・ノート』 [ヨミモノとか]


いまさらですが、雫井 脩介の『クローズドノート』を読みました。
この人の作品は『犯人に告ぐ』とか『虚貌』とか『白銀を踏み荒らせ』 とか『火の粉』とか、結構読破している好きな部類に入る作家さん。
 
「別に・・・」発言で作品の良しあしとは別に話題になってしまったちょっと可哀想な(プロモーション的には絶大だった?)作品です。
 
 
 
クローズド・ノート
 
ミステリーじゃない作品を読んだのはほぼ初めてだったんだけど、読み終えた感想としては「読んだ記憶がないので、初めて読んだと思うんだけど・・・。もしかしたら前に読んだかもしれない・・・。」といった印象。
 
面白いんだけどパンチがないというか。
まあ、ある意味恋愛小説である本作とミステリーとを比較するのが悪いのかもしれないけど。
とかいろいろ言いながらも、クライマックスの部分ではしっかり泣かせていただきました。
 
軽い気分で読みたい本です。
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。