So-net無料ブログ作成

2歳半検診 [日本:ベビー]


チビ子も2歳半を過ぎ、毎日すくすくと成長中。
成長しすぎて口応えとかするから面白くてしょうがない。
 
ダンナちゃんが飲んでいたお茶をちょっと飲んでみたら「まーま!それパパのでしょ!!」とか、プールに行く日を間違えていたりすると「あー、ちっぱい(失敗)しちゃったね~。えへへ~」とか言ってそりゃーもう面白いったらありゃしない。
毎日娘を隠し撮りしておきたいくらい。あ、ビデオ撮らなきゃ。
 
で、そんなオモシロ期絶頂の現在ですが、先日地元の保育センターにて2歳半検診がありました。 
 
結果は86センチ、13キロ。
もう少し大きくなっている印象がありましたが(何しろ90センチの服がことごとくきつい。(とくに太ももw) 
頭も大きいし、ま、日本人体型よね。
父も母も典型的日本人体型だからしょうがない。遺伝子には勝てないのだ。はは。
 
 
で、 忘れないうちに検診で学んだことを。
 
 
■その1
市販のフッ素歯磨き粉は、メーカーによってフッ素の配合量に差があるので、適齢に合わせた選択が必要。配合量は記載されていない(!)だが、2歳半の子どもには500ppmくらいの量が適切。メーカーで言うと、アンパンマンの絵が書いてあるやつ。ミッキーのは多すぎで900ppmくらい。年長さんくらいからの量だそうな。
ちなみに、この種の歯磨き粉は歯を磨くときに使うのではなく仕上げ磨きの後にこすりつける程度で良い。歯磨きに使うと唾液で流れてしまうから。
今までの歯磨き、完全に間違ってました・・・。
うちにあるフッ素歯磨き粉はミッキー柄。そして、歯磨きの時にアタマから普通にフッ素剤着けてました。がーん。
あと、歯磨き後は2時間くらい飲食禁止だって。へーへーへー。
 

 

■その2

もし、何らかの事故で歯が欠けてしまったり抜けてしまったりしたら、「洗ったりせず」「すぐに牛乳に漬けて」「30分以内に急患で歯科医へ」
・洗うと水道水の細菌が繁殖する
・牛乳に漬けることで再生しやすくなる
・30分が再生させることができる限界の時間
だそうな。

オトナにも応用できるらしいよ。ケンカっぱやい人は心のどこかにメモしておいてください(笑
 
 
■その3
早寝早起きは基本。
朝方5時くらいから午前10時までに「やる気ホルモン」が出る。10時に行動のピークを持ってこられる(公園遊びをしているとか、お外に遊びに行っている、とか)ように準備を。
成長ホルモンは20時くらいから午前4時くらいまでに分泌される。そして、成長ホルモンは暗くすることで分泌が誘発される。ので、部屋をきちんと暗くして眠る(そして早く寝る)ことが大事。
早寝早起きは、体を作る上でとっても大事です。
 
・・・という話を聞いてから、20時台には布団に入れるようにしています。何とか実行できているけど、起きる時間は相変わらず遅い(7時半~8時)なので、そこは要改善。
 
■その4
ご飯を食べないなーとか、口から出てくるからあんまり好きじゃないかも、という食材がある場合。
もちろん、お腹がいっぱいとか嫌いなものはあるかもしれないけど、2歳半の時期はまだまだ食材を小さくしてあげる時期。
大人と同じ大きさは大きすぎ。
2センチ角くらいに切ってあげると意外と食べてくれる。嫌いなものがある?と思ったら是非実践を。
 
 
とのこと。
やっぱりこうやって検診に行くといろいろ参考になることが聞けて助かる。
専門家の力は大事だな、と思った検診なのでした。
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。