So-net無料ブログ作成

クルーズ6日目:ギリシアからクロアチアに移動。 [2010_04:エーゲ海クルーズ]

 

6日目はこの旅行中唯一の曇り空。そして肌寒い。でも、この日は終日航海日で船の外には出ない日。こんな天気に観光でなくてとってもラッキー!!

 

特にやることもなく、ぶらぶらと船内を散策したり観光中に撮ってもらった写真を見に行ったりして過ごしたこの日。せっかくなので船内の様子を書いてみようと思います。

 

今回乗船したのはCostaのいくつかある船の「Costa Fortuna」という船。

総客室数1,350を超え、収容人数は3,000人以上。スタッフは1,000名をこえるらしいので、4,000人以上が船の中で生活できることになります。

船内には3階分の客席をもつシアターも完備されていて、毎晩ショーが開催されていました。チビ子が寝る時間なのであまり観に行くことはありませんでしたが、最終日のスタッフによるさよならショーは観れました。50以上の国籍のスタッフによるお国のダンスなどを披露する手作り感たっぷりの暖かいショーでした。

DSC05912.jpg

#最終日のショー。ドリンクを注文して飲みながら観ることができます。

 

その他シガーバー、ワインバー、ピアノバー、カジノにディスコ(!)、スパにフィットネスセンター、美容院まであって航海中にやることがなくて飽き飽き・・・なんてことはありません。

3歳以上のお子様連れには夜11時まで看てくれるキッズセンターも。オトナの時間を楽しむこともできますよー。

 

客室はびっくりするほど狭いわけではないですが、オトナ二人でちょうどくらい。ダブルベッドにソファベッドが使用可能な造りです。部屋のキャパとしては、ソファベッドを2段ベッド仕様にして4人収容可能だそうですが、日本人の体格でもかなりキツイ感じです。

今回はバルコニー付きのお部屋にしましたが、代金はバルコニーなしのお部屋の約1.4倍くらい。

部屋にルームサービス(サービス料2ユーロのみ)を頼むことも出来るし、海を見ながらプライベートスペースで食事が出来る贅沢を考えるとバルコニーのあるお部屋のほうが割安感があるかもしれません。

DSC05879.jpg

#部屋に備え付けの救命胴衣を着て記念撮影のチビ子@意外と広い通常のバルコニー。

 

DSC05707.jpg

#一番キレイに撮れた船の写真@ロードス島

 

スタッフもとてもフレンドリーでチビ子はどこに行ってもモテモテ。東洋人の赤ちゃんは珍しいのか、「ビューティフル」の賞賛の嵐でした。チビ子、人生最大のモテ期をすでに越えてしまった予感です。

びっくりしたのはスタッフの言語能力の高さ。ほぼ全てのスタッフが英語完璧。その他イタリア語、スペイン語、フランス語、ドイツ語を話します。ショーの司会の人、この全ての言葉+ちょっとの日本語を話していました。すげーなー。

 

 

明日はクロアチア、ドブロブニクをお送りします!

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。