So-net無料ブログ作成

クルーズ4日目その1:憧れのサントリーニ島 [2010_04:エーゲ海クルーズ]

 

クルーズ旅行もいよいよ中盤。

ギリシア2日目の今日は、このクルーズの一番の目的地サントリーニ島へ。

実は数あるクルーズプランの中から今回申し込みしたルートを選んだのは、サントリーニに寄港するから。

お友達にすばらしい風景の話を聞いてから、ここに行くまでは日本に帰れん!!とまで思った憧れの場所なのです。欲を言えば、白い壁が夕日に染まって行く様子を見たかったのですが、サントリーニを夕方に訪れるプランはなく、午前中の訪問となりました。

いつか、夕暮れのサントリーニ島に行くことを楽しみにしています>ダンナちゃん

 



船が島に近づいていくと、崖の上のほうにはまるで雪が降ったように真っ白な建物が並んでいました。

サントリーニの港は大型客船は接岸できないため、ボートに分乗して上陸します。ここでは島の先端にあるOia(イア)を訪れるエクスカーションに申し込み。申し込みをしたツアーの言語でチームわけされてボートに乗船。約10分ほどかけて、崖の下の小さな港に到着します。

 

30分ほど大型バスに揺られて到着したOiaの街。そこにはもう、「これぞギリシア」というような風景が広がっておりました。 白い壁、青い屋根、ベルギーとも日本とも明らかに違う太陽の光線の色。

ああ、これが憧れのギリシアのリゾートなのねー!!!


 

 DSC05472.jpg

 #旅行前に夢見てた、「これぞ」の風景のひとつ。自分で撮影できるなんてホントに夢のようだわ。

 

DSC05521.jpg

#はるか彼方に見えるわれわれの乗っていた船。右下にあるのが船と港を往復するボートです。小さいなあ。

 

Oiaの村?町?はとても小さく、朝9時の街中はクルーズのツアーの人で満杯。お土産屋さんも、ヴューポイントもすべてがフル稼働といった様子。でも、出航したらすごく静かな街になるんだろうなあ。

 

DSC05510.jpg

#これ、何でしょう?実はレストランの入り口。この扉を開けて、階段を下りたところがレストランなのです。道にはドア1枚、というなんとも不思議な光景。

 

 

 

DSC05515.jpg

#切立った崖を見下ろすレストラン。ここで冷えたシャンペンなんぞ飲んだら、それだけでもう天国ですな。

Oiaの滞在時間はわずか1時間。もっとのんびりしたいよう。

 

本当は上陸したティラの街から崖の下の港まではロープウェイが出ていて、クルーズのお客さんにはチケットが配布されるのですが、ダンナちゃんがどーしても歩いて降りたい!というので、チビ子とバギーと荷物を二人でを抱えて40分近くえっちらおっちら坂を下りました。その後さすがに二人とも腰痛に。そりゃそーだ。

 

ああ、名残惜しいサントリーニ島。島の滞在時間はわずか3時間。もっと居たかったなあ~。

お昼過ぎに出航して、同日、ミコノス島へ向かいます!

 

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 4

@kojinaka

なんか、優雅でいいですねえ。今、ギリシャ危機で世界経済が騒ぎになっているですが。。。どこ吹く風って感じで、気持ちいいですね(笑)
by @kojinaka (2010-05-09 06:11) 

Jimakei

>nakaさま

そうそう。行く前は大丈夫かなって心配してたんですけど、行ったところには動乱の影響なしって感じでしたね(アテネは大変みたいですが)。
経済的な影響はどうなんでしょうね。観光地にも影響あるのかな。

by Jimakei (2010-05-09 06:23) 

@kojinaka

ま、長期的にはないわけないと思いますが、今回の旅行には影響がなかったようで、よかったですね。
しかし、船からもネットつながるんですね。すごいなあ。
by @kojinaka (2010-05-09 14:04) 

Jimakei

>nakaさま
そうなのです。船からもネットつながるのです。
でも、1時間10ユーロととっても高かった。ま、つながるだけありがたいというものですが。。。

by Jimakei (2010-05-11 18:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。