So-net無料ブログ作成

クルーズ1日目:出航! [2010_04:エーゲ海クルーズ]



4月19日。スイスとの国境あたりのモーテル(ホテルではない)を出発、魅惑の街ミラノをスルーして3時間ほどでヴェニスに到着。
前回はバスで通った橋を自家用車で通り、ヴェニスに入る。そのまま港へ。そこまでいくといろいろなクルーズ会社の船が停泊しているのが見えて一気にテンションが上がる。
それにしても船って大きい。最近大きい乗りものといえば飛行機しか見てなかったけど、乗客乗員合わせてジャンボジェットの8倍以上にあたる4000人を収容できる客船、近くに行くと端が見えず、高さも見上げるほど大きいわけです。
すげーなー。
 
 
 
DSC05129.jpg
#Departureから見る船。でかすぎて全体が入りません。

荷物はわれわれよりもひと足先に駐車場に入る前にチェックイン。その際にチェックインするグループを割り振られるシステム。我が家は10番。ただ、チビ子連れだったために優先乗船できました。その他、旅行中にチビ連れで優先してもらったことがたくさん。
子供づれには嬉しい心遣いです。



入船時にID用の写真を撮って、客室へ。
日本人の乗員がいて「こんにちは」と挨拶してくれた。お。これは安心だ。



ホテルと一緒で客室の値段は上の階になるほど高く、海に面していると更に値段が上がる。今回、階数にはさほどこだわらなかったが、7日間窓のない部屋で過ごすのは辛かろうと思い、バルコニー付きの部屋にしてみた。
本当は「グランドバルコニー」の部屋に奮発しようと思ったけど人気の部屋らしく、2ヶ月前の予約時に既に満室。ご希望のかたはお早めの予約が吉です。


DSC05150.jpg
#デッキにはリクライニングチェアがこれでもかと並ぶ。出航前に煙突を眺めながらしばし日光浴。
屋外プールにジャグジー、子供用の滑り台がありました。
 
 
部屋に入ると、日本語の船内新聞が置いてありました。航海中毎日配られるらしく、寄港地の天気やInformation、その日の船内催し物プログラムなどが書いてあります。これは大変便利でした。
新聞によると、出航前に日本語のガイダンスがあるとか。早速参加。
今回のクルーズスタッフ唯一の日本人の方によると、今回のクルーズには150人の日本人が乗船予定だったが火山の影響でほとんどがキャンセルになっているとこと。結局日本人のお客さんは私たち家族のほかにはパリからいらしたご夫婦だけ、ということに。
いやー、火山恐るべし。



DSC05154.jpg
 
#シャンペンで船旅に乾杯
 
夕飯はクルーズの料金に含まれていて、コースメニューから好きな料理を選びます。(飲み物は別)
周りには子供づれもいて、チビ子を連れて行ってもさほど気兼ねなく食べられる環境。久しぶりに外食気分が味わえてとても楽しかったです。
 
 
18時過ぎ、ようやく出航!
15時間ほどかけて、イタリア南部の街、バーリを目指します!
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。