So-net無料ブログ作成

ベルギー小旅行~シャンパーニュ 2回目! その2~ [2008_05:シャンパーニュ]


今回のシャンパーニュは、シャンパーニュ地方の上のほう、ランスとエペルネを中心として観光しました。

シャンパーニュといえば、普通はこのあたりを訪問する人が多いようです。(前回のわれわれの旅は少数派だったのね)

ランスと言えば、世界遺産のノートルダム寺院。

・・・そういえば色んなところでノートルダムって見かけるけど、何のことだろう??

Wiki先生の登場。

フランス語で「私達の貴婦人」という意味で、聖母マリアに与えられた称号。ノートルダム教会、ノートルダム寺院、ノートルダム大聖堂は聖母マリアに捧げられ、名付けられた教会堂で、フランスの多くの都市にはもちろん、世界各地に存在する。

なるほど。

日本で神様を祀っているものを神社というようにノートルダムは総称なんだ!!


ということで、こちらがランスにあるノートルダムです。




次はシャンパーニュ街道に広がるブドウ畑。
写真の奥の奥までずーーーーっとブドウ畑。

どうもヨーロッパの人は街道を作るのが好きなようですが、ランスからエペルネに通じる「シャンパーニュ街道」っていうのもあるんです。

そういえば日本も「~の道」って多いね。
人は道に人生を感じるのでしょうか。

それにしても、これを手作業で育てているかと思うと気が遠くなる。
改めて農家の皆様に感服。





ヨーロッパは今が花盛り!!街中を通る道路の中央分離帯だって、こんなに華やか!! それにしても色使いがステキですねー。





一応、ヴーヴ・クリコにも行ったよ、ということで看板をパチリ。






ランスのノートルダム寺院の前にあるシャンパン屋さんで「Personalized Chanpagne」を発見。

ラベルを好きなように作ってくれる、ということで結婚1周年のラベルを作成。われわれの初記念品!!
飲まずに取っておこう。(できるかな)





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

つるぼ

ランスの大聖堂・・・シャガールブルーのステンドグラスがきれいでしたね。
by つるぼ (2008-06-16 07:04) 

Jimakei

>つるぼさん<BR>そうそう、ステンドグラス、美しかったです。<BR>ワタクシ的には、説教台の下にいたちょっと情けない顔をしたライオンも気になりましたが(笑<BR>最近教会ばっかり見ていて、どれがなんだか分からなくなりました。<BR>もう少し特長をつかむ方法はないものか。。。<BR>
by Jimakei (2008-06-16 18:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。