So-net無料ブログ作成

HORTA 美術館 [ベルギー:観光]

HORTA MUSSEに行ってきました。

この美術館は、Victor Horta(ヴィクトール・オルト)が生前に住んでいたおうち。
その中が一般公開されています。

 
Victor Hortaって誰やねん?って感じですが。
私もです。帰ってきてから調べました。
#行く前に調べれば良かった・・・・。

アールヌーボーという言葉を聞いたことがあると思います。
「Art Nouveau(仏)」と書くとおり「新しい芸術」という意味。

有機的な自由曲線の組み合わせ、鉄やガラスといった素材が特徴。
アール・ヌーヴォーという言葉で、狭義に19世紀末のフランスの装飾美術を指す場合と、広義にアーツ・アンド・クラフツ以降、世紀末美術、ガウディの建築までを含めた各国の傾向を総称する場合とがある。(後者をドイツ語圏ではユーゲント・シュティールということがある)
アール・ヌーヴォーは日本美術の影響を受けていることが指摘される。ビングの店でも日本美術を主に扱っていた。当時流行していたジャポニズムの影響を強く受け、浮世絵に見られるような平面的かつ装飾的な空間構成を取り入れている。
(ウィキより)

絵画というよりは、工芸品・建築の分野に使われた流れのようですね。
そして、この「アールヌーボー」を建築の世界に取り入れたのが「Victor Horta」ということなのだそうです。

館内は撮影禁止のため、外観をパチリ。
うーむ。
隣の家と他の家と区別がつかないのだが・・・。




素晴らしかったのは、吹き抜けの天井部分のガラス細工。
ステンドグラスがアーチ状になっていて、日の光がさんさんと照りこんでくるのです。

あー。素敵。



そんなわけで芸術に触れた一日。
お昼は、ファーストフード・・・・。



あ、そういえば、この日の午前中はフランス語会話だったよ。
これで買い物ができるかな~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。