So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
前の10件 | -

学校選び その2 [イギリス:教育]

 

学校選び、まだまだ続く・・・。(これを書いている6月時点で足かけ3か月、まだ決まっておらず) 

さて、私立とインターナショナルスクールに絞るということは決まったけど、数ある私立の中からどうやって選んでいくか・・・。

こんな時に頼れるのはやっぱり友達~。ということで、ロンドン在住もしくはかつてロンドンに住んでいた友人に片っ端から聞いて回った。経験者の言葉は何にも代えがたい記帳な情報。ネット上の情報はもちろん役に立つけれど、嘘や主観に偏った情報があって、しかも英語だとまったく精査できんわけです。

 

ちなみにねえねの学校の条件としては

・共学

イギリスの私学はけっこう男子校・女子校が多い。男子には男子向けの、女子には女子向けの教育方法っていうのが確立しているんだって。 でも、5歳児を女子校に入れるメリットが思いつかず、共学を条件に。

・ESLのサポートが充実している

ESLとはEnglish as Second Language。英語を母国語としない生徒に対してのサポートシステムのことらしい。

ねえねは英語はカタコト。っていうか、挨拶程度。英語に拒否反応を示さず、学校生活に馴染んでいくために、ここは超重要事項。

・少人数制

現在通っている幼稚園も、1学年60人。少なくもなく、大規模でもない、(ちょっと多いけど)ちょうどいい感じかな、と思っている。ねえねは少々繊細なところがあるので、大人数の中に放り込まれるのは厳しいかも、ということで、こまやかにサポートしてくれることを期待して少人数制を希望。

・その他 

できれば、Door to Doorの通学バスがあるところ。でも、これは結構厳しい条件。

Academic過ぎない。5歳児でも、読み書き計算を普通にやらせる学校が多数。フランス語もやらせます!とアピールする学校も。私たちの考えとしては、今はよく遊び、よく遊べ、でいいかな、と。遊びの中からいろいろ学ばせる方法の学校が希望。

 

ということで友人からもらった情報を集める際のお役立ちリンクと、友人のお子さんの入学時に作った学校リストをねえね仕様に作り直し、ネットとにらめっこする毎日。

これがまた辛かった・・・。

HPはもちろん英語。口コミサイトも当たり前で英語(しかも、口語が入り乱れて辞書引いても意味わかんないし)。英語で文章を読む行為をまったくしていなかったツケがここで来ました・・・。

 

ちなみに、お役立ちリンクはこちら

 Good School Guide: 学校名で、主な情報や公的機関の評価などを検索できる。賃貸情報まで載っていて超便利。

 Ofstead:公的機関によるイギリス中の学校評価のレポートサイト。生徒の態度やら、進学先やら、事細かにレポートされてる。レポート良くするために、落ちこぼれは入学許可しないんじゃ?!とか勘ぐってしまった。

 Mumnet: いわゆる口コミサイト。学校から習い事、仕事や食事まで様々なことが検索できる。ベネッセにもこんなポータルあったよね?

 

ということで、赴任してからも役立ちそうな情報がいろいろ。英語じゃなきゃなぁー。読み漁れるんだけどなー(笑。

こんな感じで、 会社が手配してくれたAgentのHelpももらいつつ、学校選びはまだまだ続くよ~。

 


『白ゆき姫殺人事件』 湊 かなえ [ヨミモノとか]

 
 
人間ドックを受けるにあたり、暇な時間をつぶすために久しぶりに本を購入。
 
井上真央の表紙に惹かれて購入。映画化もされたのね。
 
 
化粧会社に勤務する美人OLが黒焦げの死体で発見された。
ライター赤星のもとに寄せられた情報を手がかりに、容疑者やその周辺の人にインタビューをしていくが、犯人は意外な人物で・・・。
というもの。
 
 
犯人が徐々に分かってくるというよりは、いきなりぽんと答えを出されてしまうので、ちょっと面喰ってしまうかも。
内容は興味深いなと思うけど、映像化が先にあって小説を書いたような感じで、読み物としては違和感が残る。
映画が観てみたいなー、と思う作品でした。 
 
 
 
 

学校選びその1 [イギリス:教育]

 

それは、2014年3月のこと。
「おら、イギリスさ行くだ!」・・・とは言わなかったけど、ダンナちゃんの転勤が決定。
夏に長野県からイギリスはロンドンに行くことになりました。
 
前回2007年の赴任時は、新婚生活をベルギーで始めるということでそれなりに大変ではあったけど、自分が頑張れば何とかなる状態。(それでも、生活のセットアップと軌道に乗せるのは精神的にも大変でしたが。。。)
しかし、今回は子ども×2が一緒。生活は?!教育は?!と考えることが増え、調べないことには何も進まず、気ばっかり焦る毎日。
 
 
まず考えることは、ねえねの学校をどうするか。
イギリスの学校制度も知らず、どういった学校があるか皆目見当もつきません。
 
学校制度を調べるところから始めました
 
イギリスも日本と同じく公立・私立の学校がありますが、学校によって制度はかなり複雑。
ある学校では4歳から入学できるけどある学校は5歳から・・・とか、卒業(?)年齢も13歳だったりとさまざま。
これはいくら調べても未だによく理解できない。
(イギリスの学校制度に関するWikiはこちら→
 
 
イギリスの公立学校は学費はもちろん、ノートや教科書に至るまですべて無償。 公立校でも教育の質は一貫ではないらしく、良い学校は妊娠したらすぐに申込みをするほど入学するのは大変らしい。
入学するには、学校に近いほど優先権が高いそうで、学校の目の前!という立地ならWaiting Listに入れておけば確実に入学できるとのこと。
いろいろ聞いてみると、Waiting Listに入れてから2~3か月待つことはザラだそうで、まずは日本人学校やすぐに入れる学校に入れておいて、希望のところに空きが出たら転校させるという方法を取っている家庭もあるらしい。
 
何もかも全部無償というのはとってもとっても魅力的なんだけど、評判の良い学校を選び、かつダンナちゃんの会社の通勤圏内で、近くに希望に近い家もある・・・という条件ではかなり厳しいことが予想されるので、公立校は候補からは除外。
赴任期間が短いということもあり、いつ空きが出るかもわからないのにWaitingに入れてもらうのもなあ、と。 ただでさえ慣れない環境で転校させるのも負担が大きいだろうな、という判断になり、渡英後にすぐ入学できる私立校を探すことになりました。
 
ちなみに、ねえねは2009年春生まれ。2014年9月からは、イギリスでいうPrimary Schoolの1年生。
今は幼稚園で年中さんとして生活していますが、イギリスに行ったら「学校」に通うことになり、いわゆる「授業」があるようです。
 
なるべく今の環境に近い、Academic色が強くない学校を探すということで、私立学校探しが始まりました。
 
 

『パラドックス13』 東野圭吾 [ヨミモノとか]

 
2014年5月に文庫が出た、ということで久しぶりに新刊(ではないけど)気分で購入。
それにしても、消費税が上がったせいなのか、文庫って高くなったね。
1冊900円だって。
 
 
13日13時13分13秒、「P-13現象」が起こる。宇宙科学の研究者たちが発見した現象は、地球上にどんな影響を与えるのか。
人々が消えてしまった地上に残された(?)13人は、どうやって生き延びていくのか・・・。
SFっぽいけど、「どう生きるのか」とか「何が生きるための目的なのか」といったヒューマンドラマ

 

「世界が変われば善悪も変わる。人殺しが善になることもある。これはそういうお話です」と作者である東野圭吾が述べているように、生きていくための信条とか、善悪の判断基準とか、そういったものが常に話の根幹にある。

登場人物は多いし、目まぐるしく場面は変わるし、次々と災難は襲ってくるし、で続きが気になってあっという間に読んでしまったー。完全に寝不足製造本です(笑。

東野圭吾にしては、伏線のエピソードの中に消化不良的なものもあり、★五分の四というところでしょうか。 

 
防災グッズ用意しなきゃ(笑。
 
 
 
 
 

すっかりご無沙汰。 [日本:生活]


すっかりご無沙汰しております。Jimakeiです。
 
前の記事が昨年の6月ってことで、ほぼ1年開いてしまいました。
昔は毎日blogを更新するのが日課だったのに、チビ太を出産してからすっかりサボっておりました。
それもこれも、ネットを見るのがPCからスマホが主になったことと、スマホで文字を打つのが面倒なことが原因。
メッセとかなら良いんだけど、こうやって長文を打つのはやっぱりPCじゃないとねぇ。
 
 
まあ、言い訳は良いとして、またblogぼちぼち更新していく所存です。
というのは、 今年の夏から生活が一変するので、また記録としていろいろ書いておきたいな、と。
 
Jimakei一家、夏にイギリスに引っ越ししまーす。
 
長野の地もまる4年を迎えようとしていて、そろそろ引っ越しかなあとは思っていたのですが、また海外ー!!
いつかまた海外生活してみたいと思っていたので嬉しくはあるのですが、心の準備がぁぁぁぁ。
心の準備のができる前に、いろんな準備がぁぁぁぁ。
 
というのも、ねえねはもう幼稚園も年中さん。チビ太はあと2か月もすると2歳。前回の赴任とは違って、引っ越しには「学校探し」という難関が待っていたのです・・・。
 
 
ということで、学校探しのあれこれ、備忘録的にアップしてきます。
お楽しみに(?)。
 
 

父の日の絵 [日本:生活]

ねーねが通う幼稚園で描いたお父さんの絵が市内のショッピングセンターに飾られている、ということで見に行ってきました。

「チビ太も描いたんだよぉ~♪」と嬉しそうに報告してくれていたので、家族全員で楽しみにしてました。

 

paint.jpg 

「チビ太はまだ赤ちゃんだから小さく描いた!」と言っていた通りのサイズ感(笑)。 

ダンナちゃんは普段コンタクトの人なんですけど、ねーねと遊ぶ週末はメガネのことが多く、彼女の頭の中ではメガネをかけたダンナちゃんが「パパ」として認識されているようです。その事実に軽くショックを受けるダンナちゃん。

おもろい。

 

親バカコメントでアレなんですけど、ねーねはずいぶん小さい頃から人の絵を描くのが上手で、「3歳児にして人の顔と分かる絵が描ける!」と感動してました。クレヨンをあげても1色しか使わないのが心配だったんですけど、最近はいろんな色を使うようになってきて、一安心。

幼稚園で他のお友達の絵をみてるからかなー、なんて想像してみました。

幼稚園生活、楽しんでいるみたいで何よりです!! 


7SEEDS 田村由美 [ヨミモノとか]


最近すっかりレンタルコミックにハマってしまっているワタクシ。
断然漫画喫茶のほうが良いと思っていたけど、時間制で焦って読むよりは自宅でじっくりとお酒でも飲みながら音楽聴きながら読むほうが楽しいということに気がついたのだー。
 
ちなみに10日に1度のコミックの日には近所のレンタルコミックは1冊30円。やっすーい! 
 
で、今回借りてきたのはこれ。 
 
田村由美さんの描く世界観は結構好きなんだけど、これもBASARAと同じような世紀末系。というか、世界が一度終わった後みたいな。
 
巨大隕石が衝突して世界が終ってしまう、という予測(というか確実に起こる未来)のもと、人間を未来に残すべくすすめられたプロジェクト、「7SEEDS」。
選ばれた男女7人を1チームにして冷凍カプセルで眠らせ、環境が整ったとコンピューターが判断したら解凍して再び蘇らせる・・・というもの。目が覚めた後の地球は動物も植物も様変わりした世界。それぞれのチームがサバイバルしながら生きていく・・・という設定。
 
現在24巻まで発売中。
本当は完結してから一気読みしたかったんだけど、知り合いの熱烈推薦で読み始めてしまった。
ノンストップで読んでしまったよー。そして続きが激気になるー!!!!
 
さいとうたかおの「サバイバル」 に恋愛と友情要素が加わった感じ?
絵が苦手じゃなければ、ダンシにも大変オススメしたい一品でございます。
 
 

今年も挑戦!家庭菜園 [日本:生活]

去年はチビ太の出産のため1カ月ほど家を空けることが分かっていたので、手を出せなかった家庭菜園。

今年は2年ぶりに再チャレンジ!

だいぶほったらかしになってやせ細っていた土をスコップで底から掘り返して、肥料をたっぷり追加。ダンナさんとねーねの努力でふわふわで良い土地に大変身!

何を植えようかな~♪といろいろ考えた結果

きゅうり2本

トマト3本

枝豆たくさん

ししとう

バジル

ディル

が家庭菜園に仲間入り。

ねーねを幼稚園に送って帰ってきたら水をあげるのが私の日課。

毎日ちょっとづつ大きくなる緑たちと土に触れられるのは幸せでとっても楽しい。 

もうちょっとだけスペースが余っているから、レタスでも追加で入れようかと考え中。 

 

あー、平和だねぇ・・・。

 


Twitter


オシゴト始めました! [日本:生活]


この度、オシゴト始めました!

オシゴトと言っても会社勤めではなく、在宅の単発仕事。
不定期だし、毎回違う仕事だし、以前の環境とは全く異なるけど、今までの業務経験が活かせる内容が多くて、大袈裟だけど、どんな経験と無駄じゃないなー、と。
何よりも社会と繋がっている感じがとっても嬉しいー!

収入はお小遣い程度だけど、お金の問題じゃないなー、と。

無理ない範囲で頑張るぞー!!



前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。