So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

学校選び その2 [イギリス:教育]

 

学校選び、まだまだ続く・・・。(これを書いている6月時点で足かけ3か月、まだ決まっておらず) 

さて、私立とインターナショナルスクールに絞るということは決まったけど、数ある私立の中からどうやって選んでいくか・・・。

こんな時に頼れるのはやっぱり友達~。ということで、ロンドン在住もしくはかつてロンドンに住んでいた友人に片っ端から聞いて回った。経験者の言葉は何にも代えがたい記帳な情報。ネット上の情報はもちろん役に立つけれど、嘘や主観に偏った情報があって、しかも英語だとまったく精査できんわけです。

 

ちなみにねえねの学校の条件としては

・共学

イギリスの私学はけっこう男子校・女子校が多い。男子には男子向けの、女子には女子向けの教育方法っていうのが確立しているんだって。 でも、5歳児を女子校に入れるメリットが思いつかず、共学を条件に。

・ESLのサポートが充実している

ESLとはEnglish as Second Language。英語を母国語としない生徒に対してのサポートシステムのことらしい。

ねえねは英語はカタコト。っていうか、挨拶程度。英語に拒否反応を示さず、学校生活に馴染んでいくために、ここは超重要事項。

・少人数制

現在通っている幼稚園も、1学年60人。少なくもなく、大規模でもない、(ちょっと多いけど)ちょうどいい感じかな、と思っている。ねえねは少々繊細なところがあるので、大人数の中に放り込まれるのは厳しいかも、ということで、こまやかにサポートしてくれることを期待して少人数制を希望。

・その他 

できれば、Door to Doorの通学バスがあるところ。でも、これは結構厳しい条件。

Academic過ぎない。5歳児でも、読み書き計算を普通にやらせる学校が多数。フランス語もやらせます!とアピールする学校も。私たちの考えとしては、今はよく遊び、よく遊べ、でいいかな、と。遊びの中からいろいろ学ばせる方法の学校が希望。

 

ということで友人からもらった情報を集める際のお役立ちリンクと、友人のお子さんの入学時に作った学校リストをねえね仕様に作り直し、ネットとにらめっこする毎日。

これがまた辛かった・・・。

HPはもちろん英語。口コミサイトも当たり前で英語(しかも、口語が入り乱れて辞書引いても意味わかんないし)。英語で文章を読む行為をまったくしていなかったツケがここで来ました・・・。

 

ちなみに、お役立ちリンクはこちら

 Good School Guide: 学校名で、主な情報や公的機関の評価などを検索できる。賃貸情報まで載っていて超便利。

 Ofstead:公的機関によるイギリス中の学校評価のレポートサイト。生徒の態度やら、進学先やら、事細かにレポートされてる。レポート良くするために、落ちこぼれは入学許可しないんじゃ?!とか勘ぐってしまった。

 Mumnet: いわゆる口コミサイト。学校から習い事、仕事や食事まで様々なことが検索できる。ベネッセにもこんなポータルあったよね?

 

ということで、赴任してからも役立ちそうな情報がいろいろ。英語じゃなきゃなぁー。読み漁れるんだけどなー(笑。

こんな感じで、 会社が手配してくれたAgentのHelpももらいつつ、学校選びはまだまだ続くよ~。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。